MENU

就職の面接となると誰でも緊張しますが、転職となるとより一層成功させたい気持ちがあるので、緊張の度合いも上がります。面接は事前の準備が大切になります。自分自身のことをアピールして、面接官にインパクトを与え、転職が合格するように、最大限の努力をしたいものです。まず、必ず前の会社をなぜ辞めたのかという退職理由は、聞かれると思います。その時に、前の会社のグチや不満を正直に話してはいけません。その場合、「これまでの実務経験を生かして、もっと自分をキャリアアップさせたいと思って転職をしました。」というような前向きな理由を述べるといいと思います。

 

こうすることで、入社意欲を面接官にアピール出来ます。その時に具体的な実務経験やスキルを示す方がいいと思います。他にアピールすることは、自分の仕事に対する前向きな姿勢や取り組み方も、熱く語りましょう。そして、今度は転職企業のことを質問されることを想定しておきましょう。事前にホームページをくまなく読んでおきたいところです。仕事内容はもちろんのこと、企業理念は何か、自分が魅力と感じたところは何かなど、面接官に聞かれたら、堂々と言えるぐらいに準備したいものです。他には当たり前のことですが、面接会場に遅れる人がいます。電車が遅れた場合も、連絡をいれましょう。電車の遅延で、気持ちもあせり服装も乱れていれば不合格になるかもしれません。余裕をもって大事な面接に臨んで転職を決めましょう。